coffee澪音の中の人とこだわり

⚪️中の人の自己紹介⚪️

豆を焼いている人間
◯昭和生まれ。高校生まで音大に行こうと思いピアノだけの生活を送っていた。社会人になり何年も過ごし、石川県金沢で偶然訪れた珈琲屋さん(橘珈琲さん)の味わいに衝撃を受け、ロースターを目指す。手網焙煎を通して6年程焙煎の様々な考え方を学び、念願のロースターになる。
◯濃く抽出した珈琲を好む。エチオピアとイエメンを特に愛する。自称エチオピア珈琲マニア。
◯ネコ好きだがネコアレルギー
◯伝統工芸品九谷陶器を収集。特に白山九谷色絵遊ファン
◯ファンのピアニストは、クラシックでは Anna fedorova   ジャズではchick corea
◯社交的ではない。慣れると馴れ馴れしい。
サービス業向きでもない。焙煎オフィスに1人こもる時間がしあわせ
◯日本酒も好き。新潟県の阿部酒造のあべシリーズ推しである
◯おばあになるまでに、グランドピアノを置き、コレクションしている九谷陶器で珈琲をもてなし、珈琲に合うフードもありつつ、日本酒も実は置いているのか!という珈琲屋を将来出すのが夢
◯あと身体が2つあったら・・
   ・酒造で酒造りの修業
  ・カレー屋&料理屋「キッチンミオト」






相棒(焙煎機)
◯富士珈機社  半熱風焙煎機     coffee discovery
◯2017年1月頃から焙煎機会社で借りて使わせてもらい、7月に正式にお出迎えし、8月にともに開業。
◯超小型もがっしり頑丈で大きな焙煎機と変わらず優秀機種。メラメラ🔥🔥が生き甲斐でありもっと働きたいと思っている。
よく分解して掃除してほしい。
◯最初は抜群にロースターと相性が悪かったが、未熟ロースターに試練を与えた良き相棒。最近はちょっとだけ認めてくれるようになり、協力的な仕事ぶり
◯Instagramで心の声を喋る・・



ぼうちゃん👦    ※ coffee澪音の重要人物
◯ローカルな焙煎オフィスの隣のお孫ちゃん
◯ミルク珈琲が大好きで、振舞っている間にいつのまにか仲良くなる。焙煎中は、お邪魔しないおりこうさん。見学中は静か。
◯掃除機の音を聞きつけると、『ボクが掃除する』と、焙煎機の掃除をやたらにしたがる。ばあばの家の掃除は手伝わない。
◯自ら生豆の香りを嗅いだり、ハンドピックも知っている。ケニアのハンドピックは、一粒ずつこれはどうか確認する徹底ぶり!
◯グルメー   ちょっと痩せると周囲に心配される
◯マイペースなほわんとした子であるが、細かい作業やプラモデルが得意な意外な一面がある。将来、焙煎機ミオト号を作ってもらおうと考えている。自分の名前の文字がまさか店名にされていることを全く知らない・・
◯忙しいと、一緒に働く人を募集した方がいいよ、と言う。暇だと、ジュースも置いた方がいい、とステキなアドバイスがある


⚪️coffee澪音のこだわり⚪️

    焙煎方法については、既成概念にとらわれず、新しい可能性を常に考え、試行錯誤を続けています。私が作りたい味わいは、誰かと一緒なのでもなく、自分が良いと思ったものを信じ、お客様への提供を心掛けています。

私が美味しいと感じる珈琲は、個性をいかに突出させることかではありませんでした。その個性や素性が少しずつ冷めてきたときにも、その変化をも楽しめる味わいを追求しています。
その為には、冷めてきても劣化しにくい焙煎方法の習得はこれまで必要不可欠でした。


珈琲と向き合える時間は、私には何よりも幸せの時間です。味作りに妥協をすることなく、利益追求ではなく、生涯を通して、豆とお客様を裏切ることのない珈琲業をしていきたいと考えています。






⚪️coffee澪音 の店名の由来⚪️
   2年目を迎えたcoffee澪音ですが、焙煎オフィスの隣のお孫ちゃんの通称ぼぅちゃんに、「どうしてボクの名前の文字が珈琲屋さんにはいってるの?」と聞かれる日がきました。

ぼぅちゃんは、幼稚園生のときから、隣のオフィスにいる私が作るミルク珈琲を飲みたいと言ってくれ、そして居るだけで、周りを幸せな気持ちにしてくれる癒し系ボーイです。

彼の名前には実は、澪という字が含まれており、「みおつくし」といい、身を惜しまず力を尽くす、癒すという意味がありました。
いつもミルク珈琲を飲みたがるぼぅちゃんが大人になり、一緒に出来ればカップに移した赤みがかった珈琲を飲みたい、それまで技術を磨く努力を惜しまず、その日がくるまで続けていきたいと考えています。