自己紹介と珈琲への想い

⚪️自己紹介⚪️

豆を焼いている人間
◯昭和生まれ。高校生まで音大に行こうと思いピアノだけの生活を送る。社会人になり何年も過ごし、ある方の珈琲との出会いから手網焙煎で焙煎を6年学び、念願のロースターになる。
◯濃ゆい珈琲を好む。エチオピアとイエメンを特にこよなく愛する
◯ネコ好きだがネコアレルギー
◯九谷陶器を収集。白山九谷色絵遊ファン
◯ファンのピアニストはウクライナのAnna fedorovaさん。ジャズも好き。
◯社交的ではない。慣れると馴れ馴れしい
◯日本酒も好きで新潟県の阿部酒造を推す
◯おばあになるまでに、グランドピアノを置き、コレクションしている九谷陶器で珈琲をもてなし、珈琲に合うフードもありつつ、日本酒も実は置いているお店を将来出すのが夢




相棒(焙煎機)
◯富士珈機社  半熱風焙煎機 
coffee  discovery
◯2017年1月頃から焙煎機会社で借りて使わせてもらい、7月に正式にお出迎えし、8月にともに開業。
◯超小型もがっしり頑丈で大きな焙煎機と変わらず優秀機種。メラメラ🔥🔥が生き甲斐でありもっと働きたいと思っている。
よく分解して掃除してほしい。
◯最初は抜群にロースターと相性が悪かったが、未熟ロースターに試練を与えた良き相棒。最近はちょっとだけ認めてくれるようになり、協力的な仕事ぶり



ぼうちゃん👦    ※ coffee澪音の重要人物
◯ ローカルな焙煎オフィスの隣のお孫ちゃん
◯ミルク珈琲が大好きで、振舞っている間にいつのまにか仲良くなる。焙煎中は、お邪魔しないおりこうさん。
◯掃除機の音を聞きつけると、『ボクが掃除する』と、焙煎機の掃除をやたらにしたがる。ばあばの家の掃除は手伝わない。
◯自ら生豆の香りを嗅いだり、ハンドピックも知っている
◯グルメー   ちょっと痩せると周囲に心配される
◯マイペースなほわんとした子であるが、細かい作業やプラモデルが得意な意外な一面がある。将来、焙煎機ミオト号を作ってもらおうと考えている。
◯忙しいと、一緒に働く人を募集した方がいいよ、と言う。暇だと、ジュースも置いた方がいい、とアドバイスがある


⚪️珈琲への想い⚪️
私がロースターになったのは
どうしてもずっと残していきたい味わいがあったから。

私にはロースターになる前から『なんだか戻ってきてしまう珈琲屋さん』が石川県金沢市にありました。その珈琲屋さんに何故か引き寄せられるように入り、不思議なことに私がどんな珈琲屋になっていきたいかにまで後に繋がっていきました。私はその方が作るような味わいをずっと残していきたいと考えていくようになりました。

嗜好品は、人それぞれ好みも感じ方も違うものです。良いと思う人もいればそうでないと思う方がいるのも当然のこと。私はいつからか、個性は出されるものではないそれとなく感じられるものが美味しいと感じ、自分が作りたい珈琲だと考えるようになりました。
これまでの焙煎の既成概念にとらわれず、その概念を崩し、新しい可能性がある珈琲を、日々試行錯誤し、ご提供しています
 coffee澪音